その他

  • 藤原伸彦 (2015). 情報リテラシーとしての知の創造力. 徳島教育, 1164号, pp. 6-8.
  • 藤原伸彦・山崎洋子・居上公美子 (2010). 子ども歩き遍路〜「教育と学校を考える会」の実践より. 平成19年度〜平成21年度文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム 遍路文化を活かした地域人間力の育成—歩き遍路による「いたわり」情操教育と遍路地域の「まるごと博物館」構想ー 報告書, pp. 50-63.
  • 山田芳明・藤原伸彦・内藤 隆(編著) (2008). 美術館と遊ぼう〜学生・教員・学芸員による5つの試み. N*CAP2007報告書.
  • 藤原伸彦 (2008). インターネットにおける検索リテラシー行動の解明?心理学的手法を用いた学際的研究?, pp. 23-29. 平成17〜19年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(代表:三浦麻子)報告書.
  • 豊成 哲・藤原伸彦 (2008). 協働力スタンダードと研修内容・評価法(10年経験者研修を例に). 平成19年度文部科学省委託事業 「教員研修評価・改善システム開発事業」報告書「教育実践力量形成に資する教員研修の評価・改善システムの開発」第3章 3節 pp. 37-45.
  • 藤原伸彦 (2007). 動画コンテンツのWeb化を支援するシステムの構築とインターネットを介したワークショップ研修の提案.科学研究費補助金 基盤研究(C) 「総合的な学習のカリキュラム開発に連動したワークショップ型研修システムの開発」(代表:村川雅弘)報告書 第3章.
  • 山田芳明・藤原伸彦・内藤 隆(編著) (2007). 美術館と遊ぼう〜学生・教員・学芸員による5つの試み. N*CAP2006報告書.
  • 橋本ら (2007). SoVA2006 鑑賞のダイナミズム?子どもが変容する学びとは?. 科学研究費補助金基盤研究(B)「知の統合力を育成する鑑賞学習支援システムの開発」平成18年度報告書.
  • 藤原ら (2006). 遠隔コミュニティ間の相互理解におけるオルタナティブ・メディアの有効性の検討. 科学研究費補助金基盤研究(C)報告書.
  • 橋本ら (2006). SoVA2005 子どもは美術で何を学ぶのか? 科学研究費補助金基盤研究(B)「知の統合力を育成する鑑賞学習支援システムの開発」平成17年度報告書.